読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の幸せ

自然と彼と一緒にいないとつまらないな。と思う自分がいる。

いつからだろう。
会えない日=つまらない日
になったのは。

最初からだったかもしれない。

今この言葉を考えると、
なぜ自分の人生なのに、自分の幸せが、彼がいる前提なんだろう。
という感じがする。

生きるとは、一人で行う事。
生きる上で大事なのは、至福の時間を増やす事。

至福=彼といること

の場合、彼がいないと何も幸せを感じなくなってしまう。

私はいつの間にか、彼といる事「だけ」が私の幸せな時間。と勘違いしていた。

だから、他の時間は私にとって幸せではない。と頭が勝手に変換してしまっていた。

一人でいても、友達といても家族といてもずっと彼のことを気にしていた。

彼の話ばかりしていた。


だって「彼=私の幸せ」だったから。
正確にいうと、そう勘違いしていた。

どこでどう勘違いしたのか。

もちろん、彼といるときは本当に幸せな時間があった。でも、幸せでなきゃ行けないという執着があったから、とってもとっても辛かった。


幸せでないときだってあった。
だから、それが許せなかった。

自分をなぜ苦しめるのか。
なぜこんな想いをしなきゃいけないのか。

なぜあんな事を言うんだろう。
なぜあんなことをするんだろう。


嫌な事があるとそればかり考えて、彼を責め続けていた。

そんなの、私も彼も辛いに決まっているのに。


本当に、ごめんなさい。
そして、それでもこんなに長い時間一緒にいてくれて本当にありがとう、と思う。


でも、もう大丈夫。
こんな自分に気づくことができた。

まだ、彼と一緒にいれないのはつまらないな。と思っても良いと思う。

だってね、何年もそう考えていたんだから。習慣というか癖というか。

それを否定してしまってはいけないと思うんだ。

否定するんじゃなくて、じゃあどうしたらこの苦しみから解き放たれるかな?と冷静に考えること。

まずは、自分が至福だと感じることに敏感になろう。
幸せ=彼 だった私は他の事に興味がなっかった。

だから、彼以外の幸せってあったとしてもスルーしてきた。気付かなかった。


これからは気付ける。


すこしずつでいい。
自分が幸せだと思うものを増やしていこう。


そうすればきっと、自分のことを自分で幸せに出来る。

そうなったら、もう本当に最高に愛のある人間になれる。

そうなりたいなあ。

 

だから、今はすこしずつ。

Saikai


11日。

これは私にとって、新しい自分に出会えた日。
私の知らない、頑張っている彼に出会えた日。

うん、思い返すととってもいい時間だったなと思う。

12日の夕方までは本当に楽しい時間だった。
たくさん笑った。たくさん穏やかな時間を過ごした。


晩御飯を食べた後、彼がこう言った。
「実はいま少し不安で。それはやっぱりーちゃんといるからだと思う」

その瞬間とても焦った。そしてすごく悲しかった。
私といることで大好きな彼が不安になる。

こんなに悲しいことはない。と思った。

それからまた私の執着が始まった。
言わなくてもいい事をたくさん言った。

結局20:30くらいにバイバイした。
その後、不安になるという言葉が胸を締め付けた。


家に帰ってたくさん泣いた。



でも、、、と泣いている最中思い出す。

彼はこうも言っていた。

この、-ちゃんと一緒にいると不安になると言う問題は、今いろいろ考えているんだ。
前だったら、やらないといけないことを不安で手につかないから明日朝やるとか後回しにしてきたけど、これからは今までと違うことを色々試そうと思っている。
だから今日は不安に思っているけど、がっつり頑張ろうと思う。


それを聞いてたときの私は、ただ彼から発せられる「―ちゃんといると不安になる」という言葉だけに囚われて、
もう本当に自分のことだけ考えて、彼がそれをどういう想いで言っているか、
一生懸命に考える、なんて出来なかった。


*******************


本当に、一緒にいて不安になるなら、5年間以上も恋人にしない。

相談に乗ってくれた整体師さんの言葉。


本当に目から鱗。だった。

私は、彼と共にした約5年間、ずっと言われてきた。
「―ちゃんといると元気がなくなる」
「一人だと平気なのに、-ちゃんといるだけで不安になる」

と。

その度に私は悲しくて、申し訳なくて、
自分がこんなんだから、彼に迷惑をかけている。
自分が悪い。そんな自分は価値がない。と思っていた。

だから何とか力になりたくて。
無理して一緒にいたり、連絡もたくさんとって

彼にとっての「私」の価値を上げようと必死だった。

自分を責め続けていた私は「自信」がなかった。
彼にとっての「私」の価値は低いと思っていた。
(低いならとっくに別れているのにね)


自信がないから嫉妬した。
自信がないから連絡がないと心配になった。
自信がないからたくさん妄想して、相手が自分にしてくれることをただ待っていた。


だからたくさん辛かった。
たくさん泣いた。
なぜそんな酷いことを言うんだろうと彼を責め続けた。


そんな過去を全て赦せる出来事だった。

1ヶ月距離を置く→本当に執着から離れようと魂が言う→久しぶりに会う
→とても楽しい→不安だと言われる→「不安」という言葉に反応する自分に気付く→悲しくなる、執着が出る→たくさん泣く→本当の真実に気付く。

この流れ。すばらしい。私にとって、
「彼が不安になるのは私のせいじゃない」というこの「本当の真実」は

・彼といた時間が全て意味のあるものになった。
・辛かった日々が私の宝物になった。
・私を否定する何もかもがなくなった。
・私を傷つけた彼の言葉が、彼を愛するエネルギーとなった。


もう、何も怖いものはない、という感じ。
感動で、たくさん涙が出てくる。

魂が喜んでいるのがわかる。

ああ、頑張ってよかったなあ。


これからはこの気持ちが魂に浸透するよう何度も復習しよう。


大きく人生が変わっていた。
じわじわと実感する。

これが至福の時間なのね。

2月14日


今日は会社が運営するイベントらしく、社内に全く人がいない。
まあ、うちのチームは全員いるけど。

営業としてコミュニケーションがうまく取れない人ってことなんだろうな。
私以外の人は、自然な会話ってどういうの?って考えてしまう人たち。

まあ、雑談も積極的にはできないよね。

なので、ここで仕事をしていく以上、
この雑談ゼロの環境は変わらない。
それでも、仕事はやっていかないとな、と覚悟した最近です。


3月が繁忙期らしいですが、まだまだ全然ヒマで。
3月で一番ちょうどよい業務量になるんじゃないかなあ。

繁忙期に合わせた要員。

そんなところがあるんだなと思った。

そして、このチームの仕事の分担の仕方が非効率。
短期間で終わる仕事=派遣の仕事ってやってしまうと
後々自分(社員)の首がまわらなくなる。。。

今の状態はもちろん派遣社員は楽だし、教育もしなくていいから最初は社員も楽。

でも、ようやく上司はわかってきたみたい。
「ボーっとしている状態の派遣さん」は無駄な経費であること。

派遣=簡単で影響力の少ない一部の仕事をする
という考え方しかない状態だと、自分の仕事も柔軟にできないと思う。


でも、この考え方が少し変わってきた。
というより、上司の目が行き届いたみたい。

先週のMTGで、私たちもこの業界に興味を持ったり、
知識を得てみたほうがいい。と言われた。


というか、

いや、これね、どうなのかなーって思うんだ。
難しいかなー。。。いや、かなり難しいと思うんだよね。
まあね、そんなに難しい話じゃないし、すぐにやれとかじゃないんだけど、
そういう風にしたほうが良いと周りが言うんだよね。


という言い方をされたってのが正解だけど。

本当にあの喋り方も、無駄な感じがする。
周りがこういうからこうしろって言い方は、
リーダーに向かないのかなと思うんだけど。。。(ため息)


と、いくつもフラストレーションを感じながら仕事をしているけど、
今の私がやるべきことは、自分に負けずに毎日仕事にいくこと。

自分にとって不利だったり苦手だったりすることに対して負けたくない。

こんな簡単な仕事も休んでしまう、不甲斐ない自分を克服することが
一番の成長につながると思っている。


そういえば、2月も半分だね。
あと半分頑張れば3月になる。

3月にはまた、きっと違う自分がいるはず。

さあ、今週も頑張ろう!

2月7日

何だかとっても眠いし、いつもより疲れやすいし唇乾くし。。。と思っていたら、そうだ生理前だった。

彼と会うまで11日だから、なんか調子悪くなってんのかなと思っていたら、毎月の恒例行事でした(笑)

肌もあのアレルギーからは復活したけど、生理前の感じ。
本当は万全の状態で会いたかったけど、まあしょうがないね。

ただ、少しダイエットをしている。
この一週間であと2キロ痩せたい!と言ったら、一日一食だって。
まあできるはずもなく(笑)

1.3食くらいにはなってしまっているかな。。。

ただ、少しかおがすっきりした。
1キロ痩せたから、あと残り3日間できる限りやりたい。


そういえば昨日、彼から電話がきた。
その時の私の返事の仕方に自分で違和感があった。

詳しくはノートに書いたけど、会話の端々でまだまだ自分が自分がとアピールしている感じになってしまった。
会ったら謝ろうかなというレベルで、ちょっと会話がおかしかった。

もっと素直に、クリアな状態で話を聞いてあげられたら、きっと彼も気持ちが楽になるだろうな。

てか、私の気持ちがもうとってもとっても楽になると思う。

この会話の違和感に自分で気づけたこと。
初めてだった。

多分この違和感のある会話は5年近くやっていたんだと思う。
それにやっと気づけた。

偉いぞわたし!

 

明日は、会社のおじさんにラム肉専門店に連れてってもらう。
だから、お昼は食べない予定。。。

うーん!迷っちゃう!


そして明日は8日なので、JMTの日なのです!

マリア様に力を借りて、明日も明るく希望的に時間を過ごしたい。

 

 

2月5日

今日はダラダラ日。

動画をみてても何だか楽しくなかった気がする。
そんな気がするだけで、他にいい案が浮かばなくてそうしていたという感じ。

外に散歩にでも行けばよかったのかな。

あー今、きたる11日に向けてダイエットをしていて、お昼を抜いていたからちょっとイライラしていたのかも。

まあ、母親が嫌味たっぷりな言い方するもんだからものすごく腹が立った。
その感じをずっと思っていたのかも。

こうやってわかった時点でもうOKでしょ。
親とは食事のことは最低限関わろう。
ご飯を作ってくれる母親が困らないように配慮する。それだけのコミュニケーションをしよう。


今日彼は、実家に帰って両親と話し合いをする日らしい。
彼にとってはそれはとても苦しいこと。勇気のいること。

今、凄く頑張っているんだなあと心の底から応援する気持ちがある。
だから、別に私がそれに対して心配しなくても良いなと思った。

彼は、とても頑張っている。
もし、傷付いたとしても、私がケアしてあげることじゃなく。(もしそばにいても)

彼が彼自身で向き合って向き合って解決していくことだと思う。


ただ、私はそんな立ち向かう彼を愛おしく見守るだけ。彼が自分らしくいられるように祈るだけ。
それが自分にとって心地よいことだと思う。

だから祈るよ。
彼がもし傷付いても、泣くような悔しい気持ちになっても。その直後でも数日後でもいいから彼が良かったなと思える日が来ることを。

苦しい事は、他人には理解されない。
きっと共感も全部はできない。

だって、みんな人ごとだもの。
それはきっとどんなに好きでも、結局人ごとになる。

だったら、自分だけで向き合うしかない。
きっと、他人から言われた言葉で力が湧いてきたり、今までにない自分に気付けるかもしれない。

でも、それを期待していたらちっとも前に進めない。
他人がそうやってくれるのではなく、自分からそういう状況に進ませる力があった。そういう言い方がしっくりくる。

彼は今、親と向き合うことが自分に必要だと気付いた。
それは、本当に素晴らしい事。
でも、ずっと向き合うことから逃げてきたから、とても厳しい苦しい時間が待っていると思う。

それでも進む彼は、本当に愛おしいと思う。
愛おしさで涙が出てくる。


そして思う。
私はまだこんなに彼のことが好きなんだなあと。

人をこんなにも愛おしく感じられる。
素晴らしいことだな。
愛で溢れた時間になっている。
それは尊いものだな。

大事にしたいな。

会うのは11日。一週間を切った。
前回あったのは15日。
電話がきたのは1月末。

こんな気持ちで連絡しないことは初めて。
今まで、来もしないメールをずっと待っていた。
今は彼の進むべき道を尊重したい。

そして、私の進むべき道をただひたすらに進む。

今できることはそれだから。

今日も呼吸をやって、気持ちよく寝よう。

私にも彼にも幸せと思える時間が増えますように。

おやすみなさい。

2月3日

そう!今日は金曜日!

 

一週間お疲れ様、自分。

 

色々なことを置いといて、今日は寝ます。

明日からまた整えてやっていこう。

 

でも、本は読みたい気分。

 

自分のやりたい事やろう。

 

また明日。

1月31日

なんだか体が疲れている気がする。


昨日、新卒で入った会社の同期の男の子と久しぶりに二人で話した。

なんというか、その子はワンちゃんみたいな子で、仕事はバリバリできるんだけどしっかりした女の子には結構甘えたりする人。

私も仕事ではしっかりキャラクターだったから結構気に入られてて、いつも会ったら嬉しそうにしてくれる子。


そんな同期に、結婚前提で付き合っている彼女がいて、その話を嬉しそうに話す姿が彼と被ってしまった。

嬉しそうに話す人って、本当に愛おしいな、と思う。
もちろん、同期にも思った。何か好きなものや人やうまくいった事嬉しかった事を嬉しそうに話してくれる。
そうすると私は本当に幸せな気持ちになるんだな。

彼は、あの5年間ほとんど病んでたし、調子が悪い日が多かった。
そんな中、今日ね!こんなことがあってね!と嬉しかったことを本当に嬉しそうに話してくれる彼が大好きだった。

なのに、距離を置く前の時期は、
彼が喜ぶ=自分が捨てられる

という感覚だった。

だって、あの頃私は本当に依存しまくっていて。
彼しかいなかった。

そんな状態は彼に負担をかけているという事は重々承知していた。
だから、きっと外で素敵な人がいたらすぐそっちにいってしまうんだ。という不安がずっと自分の中にあった。

だから、彼がうまくいったよ!って嬉しそうに報告すると、私は不機嫌になった。
詳しく言えば、不安でどうしようもなくなって、妬みがでてきた。

 

「そんな外でうまくやれるなら、私にもそうやってよ!」

とさえ、思っていた。
記憶はないけど、本人に言っていたかもしれない。

ああ、こんな急に思い出すもんだな。
あの頃の私は本当に自分自分だった。


彼の幸せを願う事なんて、全く、ほんとうにゼロだった。
そんな人と誰だって一緒に居たくないよね。
当たり前。

こうやって、思い出して気づけてよかったな。
同期よありがとう。

 

彼が、プロポーズをした後距離を置こうと言ったのは自然な流れだと思う。

そして今、こうやって距離を置いて、お互い自分と向き合っているのも、ほんとうに自然な流れだ。


この時間、私は彼に謝るとか、申し訳ないと反省したりするのではなく、
そうしてしまった自分と向き合うことが大事だと思う。

あの時の自分はどういう行動をしていたのか。
彼のことを自分はどう思っていたのか。

「彼」ではなく「自分」のことを考える。そんな時間なのだ。


彼は3月くらいに実家に帰るらしい。
距離的にはものすごく近くなってしまう。
電車で10分で着いてしまう。

でも、あまり会わないようにしたいな。

まあ、彼との関係はどうなるかまだわからない。
どうなるか考えても何も変わらない。
むしろ、自分が不安になって悪い方向へいってしまうかもしれない。

大事なのは自分がどうしたいか。
自分がどうすれば幸せか。
それだけなのだ。

 

 

 

整体師さんに、好きってどういうこと?とこの前聞かれて明確に答えが出なかった。

私は彼のことが今でも大好きだ。

この前、電話が来て久しぶりにお話ししたけど、ああ、どうか頑張ってほしいなと思う愛しさがグッと込み上げて来て。

私はまだこんなにこの人が好きなんだなと思った。

「愛おしい」という気持ちを会っていても会っていなくても感じる人と私は一緒にいたい。

そのためにはまだまだ自分の器がたりないのだけど。
そう思える人になりたいから、今この瞬間もそれに近付く努力をするぞ!

「愛おしい気持ち」

これは何だか今の自分のキーワードな気がする。