読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1月16日

今日は会社を休んでしまった。
昨日彼に会ったからである。

やっぱりまだ会うのは早かった。
というか、症状が明確化してきている。

自分の体が自分の心に素直になっている。
誤魔化したり、強がったりはもうできないな。
だって体さんが「心さんはこう言ってますよ!」と訴えかけてくる。
それは、会社に行けないほど強く。

朝は本当に体に力が入らなくて、起き上がるのもやっとだった。


結局今日は夕方くらいから起きて、夕方に食パン3枚と目玉焼きとカレーとウインナー5本も食べてしまった。

休んでしまった自分と向き合いたくなくて食欲に走ってしまった。
今は胃薬を飲むくらい胃が痛い。

この夜深い時間、やっとこうやって向かい合うことができた。

たくさん寝たし、今日はいいだけ起きていよう。
でもその間はスマホで動画見たり、無駄にゲームをしないこと。


彼に会っただけでこんなに影響されてしまう自分。
それが現実である。

そんな自分がとても恥ずかしいし、泣きたくなるけどこれが今の私である。

彼とのことで何かあって、それを影響させている人を見ると、だらしないなと思う。

自分がそうなのに。

自分のことは棚に上げて、人のことは恥ずかしい人だなとか思っていたかもしれない。

でも今はどう思われてもしょうがないかなあ。
それくらい私は険しい道のりを歩んでいるんだ。

整体師さんも、人によって仕事の感覚って違うから、こう思われてるかもという思いはあんまり当たらないらしい。

だから、もうどう思われていてもしょうがない、という感覚でいたい。

考えてもしょうがないこと。
休んでしまった事実は変わらないこと。
人がどう思うかなんてわからないこと。
他人がする判定は自分には関係ないこと。

全部それが本当のこと。

まあでも気になっちゃうのもほんとうのこと。

だから、そういう自分がいることを誤魔化さずに認識をちゃんとしてあげて、魂さんに報告をすること。

これが大事だと思うんだ。


こうやって向き合う勇気をくれた整体師さん、しいたけ占いさん、Bluetoothのキーボードさん、休んでいるのに何も聞いてこないお母さん、香ちゃん。

本当にありがとう。
私はあなた達のおかげで生きています。