読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私はサボりガール

もう、一週間くらいサボりにサボっている。

どうサボっているかというと、とりあえず仕事から帰ったら、内さまをスマホで観る。
セブンに売ってる特大ティラミスを食べながら。
それを食べ終わったらポテチを何も考えずに食べる。

そのあと、このゆるい笑いに浸る。

三村さん大竹さんのあの仲良しな感じ。
本当に癒される。

 

そしたら、母親からご飯よー!と言われるので、仕方なくリビングに行く。

何もなかったようにご飯を普通に食べる。
でも、最後気持ち悪くなって少し残す。


そのあとも欲望のままに動画をみたり、疲れ過ぎてお風呂も入らず寝たり、課金しながらゲームをやったりする。


本当はやった方が絶対にいい事がある。

例えば、すぐにお風呂に入るとか。
呼吸を練習するとか。
本を読むとか。

本当はやった方が良い事。

たくさんあるけど、もういいんだ!

どんなにおかし食べたって、夜更かししたって、動画を観るという生産性が低いことやってても、毎日仕事にいけば、もう私はそれで100点満点なのです!

2月から、一回も休まずこれている。
途中で偏頭痛になったりもした。

毎日朝は本当にギリギリまで寝ていて、毎朝目も腫れている。

でも、毎日仕事に行っている。
これって奇跡なんです。


私にとっては本当に奇跡。

私はいつも、休んでばかりいた。
人のせいにして、ズル休みしている自分を自分と思わずここまできた。

今、社会人5年目だけど多分この約束5年間、1っヶ月ちゃんと行ったのはかたてでしか数えられないと思う。

有給なんて毎年全部使って、1年の後半は欠勤扱いで休んだりしていた。

そんな自分が、今はこうやって毎日仕事へ行くことの価値を見出しつつある。

ズル休みする自分と向き合って、そんな自分ではダメだと心から思う事ができて。

それで、6月末まで1日も休まないという目標まで立てて、1ヶ月と一週間仕事に行き続けている。

だから、他のことはとりあえずその場の感情に任せるのだ。

きっと、お菓子を食べない方が明日の朝胃はもたれていない。
呼吸を1時間練習した方が、自分の考え方も大きく進む。

でも、これは毎日仕事へ行くという目標を立てる前の話なのだ。

私は、自分を大きく変える、重大な課題に取り組んでいる。

だから、彼ともうまくいかない時があって良い。
疲れているし、ストレスも溜まるから、怒ったって甘えて怒らせたって、今はそういう時期としてやっていいと思っている。


だから、ブログもそんなに書けていない。

長文はキーボードで作っているけど、そんな余裕なんてなくて、短文で本当に記録したいことだけ書いたりしている。

 

あれ、でも今日はキーボードでブログを書いている。

これからお風呂に入ろうとも思っている。


もう、おかし食べるのそろそろ罪悪感が大きくなってきたな、やっぱりポテチ全部食べると気持ち悪くなるな。
お母さんの作った料理を食べた方がいいんだろうな、と思い始めている。

この変化。大事。

これなら少しずつ、やめた方がいいこと、をやめられそう。

それまでは無理してやめないことにした。
だって、毎日仕事へ行ってるんだもん。
それだけで私はパーフェクトなのだ。


寝る前に少し本も読みたいかな。

ではまたいつか。