LIVE FREE -執着しないこと-

2016年1月にプロポーズされ、6月に体調不良で休職し、同時に母親が2度目のガンで手術し入院。その前に婚約していた彼から距離を置こう、と言われた28歳女のブログです。

別れ

12月末に彼と別れる事になりました。

 

今は悲しみでいっぱいです。

 

 

わたしは、どこかで「彼と結婚できる」と思っていました。

どこかで、とっても信じてた。

 

だから、今は辛いです。

 

でも、わたし頑張ったなあ。

って少しホッとしてる部分もあります。

 

残された時間は、お互い本音を言いまくろうってことになっている。

それがうまくいくかどうかは分からない。

 

でも、全ては時間がなんとかしてくれる。

だから、今は自分の中にある悲しみと一緒に過ごす。

 

悲しみは悪い事ではない。

悲しみがあるから、喜びもあるっていうから。

 

次の喜びのために、悲しみに優しくする。

よし、休もう

という事で、休職に入りました。

10月入ってから、急に行けなくなってしまい、5日間連続で仕事を休んだ。

 

いやーびっくりした。

こんな行けなくなるものなのだな、と。

 

5営業日以上休むと、医師の診断書が必要らしく、まあ10月いっぱいまで休めば行けるかな、くらいに思っていたら、まさかの3ヶ月休養が必要です。

 

だってさ\(^-^)/

 

 

診断書が出ちゃったからには、もう仕事に行けなくなりました。

 

という事で、あの職場とは永遠にサヨナラしてきました。

 

まさか3ヶ月休養ですって言われると思わなかったなあ。

 

10月いっぱい休んで11月から引き継ぎのために5日間仕事して退職する。

それがあの時の理想像だった。

 

やっぱり、以前の派遣先も突然休職になって辞めてしまったから「引き継ぎもしないで急に辞める社会人」にはなりたくなかった。

 

いや、そうか、前の職場で同じことして迷惑かけてから。だから急に辞めるのは良くないと思っていたけど、、どうやらそっちではなく、「引き継ぎもしないで急に辞める社会人」に周りに見られたくなかったんだと思う。

 

そういえば、急に辞めた前の職場の人と未だに仲が良い。

しかも、あの子はその被害者でもあるのに、全然気にしていないみたい。

 

結局、実際にこの人に迷惑かけたくないということじゃなくて、自分自身がこう見られたくないっていうのが大きいのだろう。

 

診断書が出る前の休んでいるとき「明日は仕事に行かなくてはいけない」という気持ちがとても苦しかった。

 

なぜ苦しいかって、休んでしまってチームに迷惑をかけてしまうから、というより、「行かなくてはいけないのに、行くことが出来ない」という気持ちが一番だったと思う。

 

 

それを診断書を書いてくれたおかげで、もう行かなくてはならない、はなくなった。

だから、少し楽になりました。

 

でも、何故だか夜寝れない。

 

夜はなんだか不安になる。

将来の不安が主に。

 

お金の不安とか。

 

彼との結婚の事も不安な方へ考えてしまう。

 

それは、まあ症状の一つなのかな、って思う。

 

 

 

でもでも、私には休む理由がある。

 

姪っ子が産まれましたー!!!!

 

茨城に住んでいる妹が、里帰り出産で実家にきている。

実家にいる間は、姪っ子をあやし、妹のマッサージをし、みんなの分の家事をし。。。

 

私は今、最強状態なのです。

 

もう、このために休職したようなもんだな。

 

というか姪っ子への愛おしさがやばい。

 

ずっと抱っこできる…

 

 

 

 

自分最高!

ついに、12月末までとなったこの仕事。

なんていうか、つまんな過ぎて全然自分らしく生活できないので辞めるわけですが。

かといって、12月末までじっと耐えて仕事をしているのもらしくない。
本当に自分らしくない。


ただ、この「自分らしさの反対の場所」が今、あるからこそ私は「自分らしさって何だ」って自分に問い続けることが出来る。

だから、この職場に出会えたことに感謝なのです。
12月末までは、ミスなくきっちり集中して業務をします。



ただ、仕事を辞めるって期間ではあるけど、彼との結婚について向き合うっていう大仕事も同時進行している。

だからこそ、自分らしくいるってことがより大事になってくる。


私は、こんな何の波も起こらないところで安定して安い給料貰って派遣をしているってタマじゃない。
そして、「やっぱり仕事つまらないな、12月末じゃなくてもっと早く辞めたいな」とか思って、テンションを下げていられない。


これから新しくやる仕事に向けても、彼との関係に向けても、私はこの年内までは本当に勝負だなって思う。
一日一日が勝負。

自分らしく、かっこよい自分でありたい。
毎日「自分最高!」って思っていたい。

休むときは「こんなに私は最高なんだから休んじゃっていいよ~」って自分に休暇をしっかりあげたい。



もう、四の五の言ってられなくなりました。

仕事は12月末までって決まって、次の仕事も全く決まっていない。
そして、彼も「12月末までしっかり二人で向き合おう」って言ってくれている。

私は何としても、1日1日をしっかり自分らしく生きる必要がある。
きっと、宇宙がそれを望んでいる。

私が自分らしく輝けば輝くほど、周りが輝く。きっとそうに違いない。

私が「自分最高!」って言っていれば、彼は大事な何かに自然と気付くに違いない。

宇宙の法則で、もうそうなっている。
そして、それは実感としてもちゃんとある。


彼は、-ちゃんのおかげで気付けたよ。と最近よ言ってくれる。
それは、私が偉そうなことを言ったりとか、諭したりとかそんな時にはならない。

むしろ、彼に怒りをぶつけて、「こう思うわたしは最高なんだから!」と一種の暴走をする。
暴走しているときはきっと彼も苦しい気持ちになるだろう。

でも、その後で「こういうことだったのか」って気付くんだそう。
苦しいときには「苦しい」とか「面倒」とか思うんだけど、ふとした瞬間に「あれ、あの時のアレってもしかしてこういうこと!?」って気付くらしい。


そしたら、-ちゃんは本当に凄い。って言ってくれる。


でも、これ彼以外の人にしたら多分引いちゃうからやっていない・・・笑
何度も振り回して、苦しい思いもさせて、でもまだ隣にいてくれる。
「大好き」って言ってくれる。

だからこそ、の「わたし最高!」なわけです。

なんていうか、こんな私を受け入れてくれる人がいることが本当に幸せ。



よし、かっこいい、可愛い自分でいるためどうすれば良いか考えよう。

・部屋の掃除をする
・ダイエットする 10月中にマイナス3キロ
・今日赤いイヤリングを買う(今週のしいたけ占いから)
・本当は服を買いたい。 ダイエットをしたら買う
・呼吸を毎日続ける
・ケータイゲーム、漫画は程ほどに
・髪を切る
・トリートメントを買う
・つめを切る
・ネイルをする

とりあえず、こんくらいか。
実は、1週間ちょっとダラダラな生活だった。

1日の友達の結婚式で飲みすぎて、次の日二日酔いで動けなかった2日から昨日までずっと。

よし、スーパーミラクルな自分に戻りつつある。

それもこれも、おとといの夜から昨日の夜中まで一緒にいてくれた彼のおかげだ。




ああ、離れようかしているのに、どんどんかけがえのない人になっていくよ。
ちょっと悲しいし寂しい。


でも、もうとまっていられない。

辞めます

会社を辞めることにしました。
一日でも早く辞めたい、と、派遣元に伝えました。


そしたら昨日、派遣元の営業ともめました。
まだ次の職場が決まっていないんだから、28歳にもなってそれはダメでしょ。と。



他の人は経理の学校に行くとか、ほかにやりたいことが見つかったとかで辞めていった。
うちではその人のやりたいことは叶えられない。
だからここを卒業していった。

だけど、あなたはやりたいことも見つかってないのに辞めるって言っているよね?
べつに辞めるなって言ってるんじゃない。
あなたはそれでいいの?って心配しているの。
あなたより少し長く生きているし、人生の先輩として言っているんだけど。

彼との結婚もまだなんだよね?
やりたいことも特になくて、次の職場も決まっていなくて、ただ辞めたいって、あなた28歳でしょ?
キャリアもそんなにないし、次の仕事が決まる保証もない。
仕事は選ばなければ何だってあるけど、居酒屋の店員がやりたいって訳じゃないでしょ?


派遣だからすぐ辞められるって思っているのかもしれないけど、それは違うよ。
一応うちの会社の社員ですって言っていってもらっているからね。

すぐ辞めたいっていうのも、あなたのその逃げ癖が悪いところだよ。





あーーーーーーーーーはいはいはいはいはいはい!!!!!!!
もうもうもうもう本当に怒り爆発だった。

あんまりマイナスな感情は会社では出さないようにしていたけど、無理だった。


もう悲しくて悲しくてしょうがなかった。
なんでこんなに愛のない言葉が出てくるのか。

休職した頃と一緒だ。
休職前日に、今とは違う営業から「そんなに休まれると、俺ももう就業先の担当になんて説明すればいいわけ?」と30分同じことを言われて。
もうその日の夜に限界が来て、次の日から行けなかった。

懐かしいな。私が休職したことも知っているはずなのに、営業さんはなぜあんなことが言えるんだろう。



こっちはずっと苦しんでいるんだ。
そのことを知っていたはずだ。全部、全部話したじゃないか。
私がどれだけ辛いかも、それでも負けずに頑張ってきたかも知っているじゃないか。

ここには私の敵しかいない。誰も私の思いを共有できる人がいない。
そんな中で1年間頑張っている。

2月から5ヶ月間ちょっと、一日も休まないで行っていた。


辛いこと、苦しいことを話すと、でもその人は悪気がないからね。難しいよね~
って放置してたのはそっちじゃないか。


ずっと伝えてきたはずだ。SOSですよ。と。


こうやって、限界です!って本音で話てんのに、何でその声を聴かない。

悪い環境の中、我慢して働いてストレスをために溜め込んで、それを一緒に働いている人にぶつける人がいる。
私はそれを一身に受けただけだ。

そんな負のストレスが渦巻いているところで働くのは限界ですって言っているんです。

フォローしないんなら来ないでください。話も聞かないでください。
こういうときに味方じゃないなら、もう何も話せません。
ただ私が傷付くだけじゃないですか。


辞めるとか、逃げることは悪いことなんだろうか。

自分を良く知っているからこそ、そういう事ができるわけで。
自分らしく生きたいという人間としての自分を認識して、幸せに向かって一生懸命考えた結果が世間で言う「逃げ」だったら何が悪いのか。


私は諦めたくない。
私らしく仕事、もしくは役に立てる場所が絶対ある。
それに向かって、私は「劣等感」とか「負い目」とかそういうものも受け入れつつ、やってるんだ。


誰がなんと言おうと、私のこの選択に間違いはない。絶対にない。

振り返りインタビュー⑤~実家での家族と向き合う日々~

イ:お久しぶりです!



―:いやあ!本当にお久しぶり!
時間を空けてしまったけど、続きをお願いできますか?



イ:もう喜んで!最近、仕事関係で頑張っていたのを知っていますから。大丈夫ですよ。



―:ありがとう。じゃあ続きね。え~っと、距離を置いたところからだね。

7月に彼と一緒に住んでいた1Kの部屋を飛び出して、すぐに実家に戻ったよ。
あ~当時の記憶が鮮明に蘇るなあ。

彼とこれで最後だねって日、なぜかことに及んだ。あんなに悲しいあれはなかったよ。
一緒にシャワーとか入っちゃってさ。私が「こういうふうにできるんだから、結婚できるんじゃないの?」って冗談交じりに、でも、イライラをぶつけながら言ったりしてさ。彼は切ない顔して「そういう事言うからダメなんだよ、そういうことじゃないの」って言ってさ。

アレはもう今思い出してもセンチメンタルになるね。



イ:や~もう悲しすぎますね。胸がぎゅーってなっちゃいます。



―:なんていうか、毎日悲しかった。「彼に選ばれない」という現実を全然受け止められなかった。
ちなみにその時、体調も相変わらず悪かった。
実家を出る当日は7/5だったよ。父親が夜車で迎えに来てくれて。

帰る道中で、距離を置くことになったって初めて直接報告した。
こんな報告を大好きな父親にすることは恥ずかしくて、悲しかった。そして怖かった。
その時、父親に認められるってことも私にとって大きいことだったからね。
「こんな娘はいやだよね。ごめんね。」って思ったよ。

ちなみに、休職していることもその後にはじめて言った。
心配かけたくなかったから、何も言ってなかったんだよね。父親はびっくりしたと思うよ。



イ:あの時どう思っていたんでしょうね。どんな顔してたかは怖くて見れなかったですよね~



―:そうだねえ。今なら聞けるかもね。

まあ、休職しているわけだから、毎日毎日寝たね。後はあんまり覚えていない。起きているときはだいたいボーっと彼のことを考えているか、彼との明るい未来、暗い未来を交互に妄想したりとか、後はだいたい泣いていたかなあ。

そんな生活が1ヶ月くらい。。。ほんと、あんまり記憶がない。1ヶ月何してたんだろね。

ああ、母親が肺がんで入院していたんだ。
肺がんで入院するはずが、その前に腸閉塞になって、その時初めて救急車に乗ったりした。


・・・そうだね。家族のために時間を使っていたかもしれない。

整体師さんと話して、今実家に戻るって事は、-ちゃんにとって意味があることだからだよ。って言われて。
だからお父さん、お母さんのことをたくさん考えた。

「それが自分の幸せに繋がる」って思ったからね。

母親が入院していたから、一人ひとりとじっくり話せる機会があったね。
両方と話して、一番びっくりしたのが、「お父さんも色々考えているんだな」ってこと。
父親はあんまり自分のことを話さないんだよね。で、すぐ怒る。怒ると大きな声を出したり大きな音を出したりする。
それで母親が泣くんだよね。もういいよ!って。

だから、父親は何でもかんでも自分の都合ばかり考えて、母親の言う事に耳を傾けない人だ。ある種「悪者」だったんだよね。

でも思い切って聞いてみると、父親なりの都合とか想いがあってさ。

「あ、お父さんってちゃんと考えている人なんだな。愛がないわけじゃないんだな。」って思った。


ああ、もう久しぶりだから話しすぎてしまったね。
この期間、家族とは凄い変化があったんだ。だからじっくり話したい。

また次回ね。


イ:わかりました!いい感じで振り返れててはなまるですね!また次回宜しくお願いします。

今の状態

・空っぽの状態でOK(しいたけ占いから)

・旅をしながら人生を楽しむ そんな感じで生きる(しいたけ占いから)

・「なににも責任を持ちたくない」
 「なにも私一人が頑張る必要はない」「全責任を負う必要はない」
 という気持ちがあり、そうなってはいけない! と もうそれでいいじゃん! って思っている自分の狭間にいる。
 なんか、とりあえず疲れた!


2016年1月  プロポーズされる
2016年6~10月 やっぱりまだ結婚できないと言われる

私はここから、「結婚したいと思う彼に私がしなきゃ」と思っていた。
そして、「彼が結婚したいと思う私にならなきゃ」とも思っていた。

なぜ、私は両方の「結婚する」という責任を負っているんだろう。
なぜだろうか。
彼の分まで責任を負っている、とは思わない。
彼は私より責任を感じて、今も苦しんでいる。

ただ、なぜ私は他人(彼)のことまで「自分で変えなきゃ」って思っているんだろうか。
こういう自分が今は少し不思議。


というか、もう「結婚したいか」どうか、って今分からない。
それよりほしい物を今、手のひらにあったりなかったりしているから。
手のひらにある時は、こんなに輝くものがあったのか、と今は感動しきりでじっと眺めている。

ああ、私、こういうものがほしかったんだな。って思う。

だから、それで結婚したいかどうかと聞かれると確かにしたいし、彼と一緒にいたいとは思うけれど。。。
前のような、どうしてもしたい!何が何でもしたい!つうか、何でしないの?!?!って情熱が今はない。


これを、正確に言うと「前より結婚に興味がない、それより大事なもの見つけちゃいました」っていうこと。

だから、結婚がしたいって彼に思ってほしい、とはあまり思っていない。(いや、ちょっとは思うけどね)


そうなると、もう彼を私が変えなきゃって思わなくて良いのかもしれない。

彼を良い方に変えることが恋人の役目だと思っていた。
私は「わたしの全て」をそこにかけていた。

彼から、-ちゃんといても楽しくないと言われたら人生の終わり。
彼から、-ちゃんといると安心するし楽しい!と言われたら、人生ばら色。

そんな日々を5年間、、、いや、彼氏が出来てからずっと送ってきたけど、もう誰にも私の人生の価値を決めさせたくない。
自分で決める。自分で変える。っていうか、変わっていっちゃう。自分は最高だから。


う~む。これが、いわゆる自立ってことなのかな。

同じことで悩んでいる誰かに話をして、勇気を与えたい。生きる活力を与えたい。きっと私ならできる。だって最高だし。


・彼に「俺の友達がわたしに取られる」と言われるのが何となく嫌だったけど
「それくらい私が魅力的だから」って思えばいいことを発見する

・誰の都合もとりあえず考えず、自分の楽しいことをしたい
 今、誰といる事が楽しいのか?誘うときは気配りをするけど、誘うか否かはまず自分の欲求100%でいく。
 誘いたいけど、今自分がこうだしなあ、と「自分」に要因があるならそっちを優先する。
 無理にアクティブになることはない。

・自分が楽しい!最高!ってなるには?
 呼吸をする
 呼吸の会の人と話をする
 彼とドライブ、買い物をする
 友達とその赤ちゃんと遊ぶ(ランドも行きたいな~)
 外でビールを飲む(スポーツ観戦でもいい)
 頑張って走る
 夕陽を見る
 自分の話しをしたら、人が救われたと思ったとき

あの子の本音と、自分の気付き

やっぱり転機だな。これは。


今まで、あの子とのことをたくさんポジティブに書いていたと思う。

ところが、昨日の夜にもう幻滅したのでした。
そして私は大きな勘違いをしていた。自分が恥ずかしい。

そして、調子に乗っていました。
謙虚の心が欠けていました。




来週のさし飲みにはいけないと、昨日の夜あの子にメールをした。

どうしたんですか?何があったんですか?
って返事が来て、まさかの食いつきだった。


あまり詳しく説明したくなかったので、はぐらかしたのがダメだった。
こういうときは、もっとハッキリ言わなきゃダメなんだな。と勉強になった。

本音を言い始めたら、あの子の本性がでてきた。

「お互い大事にしたい恋人がいるんだから、欲望のまま進んだって大丈夫っしょ!だから来週の飲みは行きましょうね~」

みたいなメールが来た。
あーこれか!君の本音はこれか!ってなった。


私は、結構あの子のことが好きだった。
一緒にいて楽だった。

結婚したらどんなのかな、なんて想像したりもした。


なんだか、いつの間にかあの子もそう思ってくれているだろう、って自然と思っていた。


でも、そうじゃなかった。
私とどうなったって、あの子は割り切れるのだ。
だって、私が以前告白しても彼女が好きだから、ってふられたんだし。

(いや、わかっていたはずだったけど、あの子の接し方がまるであまあまな恋人で全然冷静になれていなかった。
ああ、バカだなあ。)
(彼女にこういう事したことないって言ってたじゃんか。あーばかばか。)


最後は、「君とそうなったら私は彼と別れることになると思う」といって、
え、そうなんですか、それはダメですねとなったのでした。
ちゃんちゃん。

良い子だけど、クズっているんだな。

彼女が大事なのに、欲望のままいくのか。
難しいこと考えずに我慢しなくて良いのか。

そういう人もいるんだな。
そうやって成り立っているカップルなんてたくさんいるんだろうな。



でも、私には難しかった。

あの子と仲良くしながら、しかも好きという気持ちを持ちながら彼と関係を続けるなんて絶対に無理。

あの子も、浮気なんてあまりしないだろう。
そういう意味で、私のことが多少好きだろう。


でも、私はあの子と関係を続けてしまうと悲劇しかないなと思う。


本音を言ったことで、あの子の気持ちを知れてよかった。
危なかったなあ。泥沼にはまる手前まで来ていた。


二人で飲みに行ってもいいのか悩んでいたとき、加藤さん(呼吸の先生)の言葉が出てきた。

「自制しなさい」
「自制心を持ちなさい」
「清く正しく尊く」いなさい

何度も何度も聞こえてきた。




今、彼ととってもいい感じだ。
何か二人の間に神聖な時間が流れているような、そんな感じ。

今、私は彼とのパートナーシップを通して、自分を成長させている。
そして彼も同じで、私を通して自分を成長させている。

本物の愛が育ってきている。そんな感覚。


その神聖な時間に、欲望のまま進んでしまうという感覚を持っていきたくなかった。
私が欲望のまま進んでしまったら、彼とのその時間はもう一生来ない事になるだろう。


それはもうもったいなさ過ぎて、ああ、これはやっちゃダメなやつだ!ってなったのでした。


そして、あの子を私は少しも信用していないことにも気付いた。
そんな人と一緒にいることを想像するとぞっとした。

おとといまで、ああこの子やっぱり好きだ!って思っていたけど、それは女として見てくれているという、ただそれだけだった。
それに酔いしれていたいだけだった。



信用していない存在に接したとき、彼の存在がよりクリアになった。
黒の液体に白い固体が浮かんでいるくらいハッキリ見えた。


あ、わたし、彼のことを曇りなく、ものすごく信頼している。
そして、彼も私を信頼してくれている。

なんて尊い存在なんだろう。と。


私という人間にそういう存在がいてくれるのは、キセキに近い。
彼を思っていることで、私は安心していられるんだ。って思った。

こんなに大事な存在を、大事にしないなんてバチが当たる。


こんな自分でごめんなさい。
でも、今日一日真剣に向き合って、あなたを大事にすると改めて決めました。


そして、どんなことがあってもあなたとなら生きていけるって思いました。

猛烈に反省します。強く反省します。

もう二度と、やましいことはしません。

自分に都合の良いよう動かず、それがしたいならあなたと離れてからします。
その覚悟をします。

正しく生きます。尊く生きます。
あなたと生きていくために。


これからも、誰が相手でも正しく人を愛します。


ありがとう。こんな自分をあんなに愛してくれて。
やっと気付くことができました。

更生できる機会をくれてありがとうございます。



ありがとうございます。