LIVE FREE -執着しないこと-

2016年1月にプロポーズされ、6月に体調不良で休職し、同時に母親が2度目のガンで手術し入院。その前に婚約していた彼から距離を置こう、と言われた28歳女のブログです。

自分のキャリアについて

こんなこと考えるの、本当に初めてかもしれない。
そのくらい、私は自分の仕事に興味がなかった。

とりあえず20万弱は稼いで、彼の為にご飯を作って家事が出来ればもうそれで生きている意味があったから。

稼ぐことに何の執着もなかった。お金があるかないか、とか考えたことがなかった。
だからお金を使うこと(買うこと)に何の抵抗もなかった。
お金の管理もしたことがなかった。
だから借金があることも自分のことなのに私には関係なかった。何も思っていなかった。

お金の話はこれくらいにして・・・


自分がどうやって仕事をしたいか、どんなふうに役に立ちたいか、を考えていなかった。
というより、「考える」という要素が脳の中になかった。
だから、よくない事をしている とは全く思っていなかった。

無知、は恥ずかしいことであるけども、それは知った時点で「恥」なのである。
そして、その知った、という出来事は私の中で物凄く価値があることなのでもう全てが素晴らしい、と思える。



今日はじめて自分の年収も調べた。
世間的な自分の位置を知った。


整理をすると、年収はもちろん低いほう。
そして、無期雇用派遣をやっている派遣会社はたくさんあることがわかった。

そしてそして、私が入っているところは給与が一番低かった。
だから、28歳女子でいうとキャリア的には下の方にいることがわかった。


そこで少し劣等感が生まれたんだけど、なんとなく違和感。

いや、私OLとして高い地位にいたいのか?ってなった。

たとえば、大企業に入ってキラキラな服を着て、週末はみんなでわいわい飲んで、、くらいしか思いつかないけど、
そういう自分になって、私は満足するのだろうか?


今働いている大手商社の女性社員と特に仲良くしたいわけではない。

以前は馴染めてない自分がいやだったけど、本当に馴染みたいのかというとそんな事はなかった。

だから多分、OLとしてのキャリアを積んでも満足感はないんだと思う。

でも、一方で「仕事が出来ない女」ではありたくない。
ある程度スキルはつけて、作業も手早く出来る私でありたい。


私って、みんなと比べて給料安いんだ・・・と落ち込むなかれ。

いつも定時退社、作業も簡単、端っこの席で何してもとりあえずOK、おじさんの言っている事をある程度無視してたらストレスほぼない。
ていうか毎日暇でしょうがない。面倒な付き合いもなし。

って職場、もう出会えないんじゃないか?

てか暇だし簡単だしって仕事でこんだけのお金もらえるなんて、超絶ラッキーなんかないか?って思いに至りました。
みんな、かなりのストレス抱えて仕事しているみたいだし。


じゃあ、私はこの職場に来て何をしたら幸せなのかってことなんです。



一つ、もう幸せです。
何年も出来ていなかった、「毎日仕事に行く」ということ。これは確実に私を幸せにしている。

でも、これはハードで残業も多い仕事だったら挑戦できていなかった。
だから、私はこの仕事に出会えて本当に幸せだ。

しかもあと1週間と1日でそのチャレンジが達成されちゃう。


そして、仕事でいっぱいいっぱいだったら今やっている呼吸の会も行けていなかっただろう。

仕事に余裕があるからこそ、出来ていることがたくさんある。


まずはこの仕事場にこれて感謝しなきゃだなあ。

今までにないものを私にたくさんくれている。


仕事については続編ありで。

誰のための仕事か②

次に選んだ会社は派遣会社。今はなき特定労働派遣として働き始めた。
理由は、残業最大で45時間、賞与も出るし昇給もあったからだ。

金額は違えど、正社員もどきの待遇だったから決めた。


そう、派遣という“責任のない仕事”をしたかったのだ。
自分にかかる圧をそこで調整しようとした。


そうでなきゃ、彼と一緒にいることはできなかった。

私はまた彼と一緒にいる事を選んだ。
当然だ。私は最初の会社を辞めてから、彼と一緒にいることだけを考えていた。

具合の悪い人がそばにいると、離れているときが一番しんどかった。
離れている間、ずっと心配しなきゃいけなかった。それはね、もう本当にしんどかった。

自分が何が本当はやりたいか、なんて考える余地はなかった。

だから、自然と残業のないところに。そして責任のある仕事をしなくても良いところに。
そんなところに自然と流れて、今この職場にいるのだろう。

うん、毎日つまらない。やりがいなんてこれっぽっちもない。
魅力的な人もいない。
同じくらいの年の女の子は、なんだか変なにおいがする。なんか化粧くさいというか女くさいというか。


こんなところで働く理由はただ一つ。お金のため。それだけだ。


そして、最大の理由だった、彼と一緒にいるため、という理由ももうない。
私が、辛い仕事をしたって楽な仕事をしたって、出来ることは変わらない。

というか、彼が楽になるために出来ることなんてもう全然ない。
この前も書いたけど、信じて祈るだけだ。

そんなの、忙しくしてても仕事の責任が凄くてもできるだろう。


私はもう、自分が楽しいと思ったことだけをやりたい。

だから、もうこの会社にいる理由も6月末でなくなる。(いや、まだ返済はあるから次の目標立てたほうがいいのかな)


とにかく、私は彼の為にこの仕事をしていた。
そりゃつまんないし、サボりたくもなるよな。


そうか、そうなのか。うん、分かってよかった。
これからは私のしたいことは何か、どうしたら自分が喜ぶのかそれだけを考えて生きよう。

誰のための仕事か①

しいたけ占いの2017年下半期がでましたね。

しいたけさんの文章はするめです。
何度も読んでいくうちに、この方が言っているのは私のこの部分なのかも・・・
という気付きがどんどん出てくる。

上半期の占いももう何度読み返したか。10回は読んでいる。
そのくらい、気付きをくれたり勇気をくれたりします。


それでね。
なんていうか、凄いことに気付いてしまったのです。

しいたけ占いを読みながら、というよりそうか私ってそんな感じだよね~確かにね~

ってなんとなく思っていたら、さっきはっとしてしまった。


私、このまま派遣社員続ける理由がない。と。


2012年卒で正社員で働いていた。
もう最高に楽しくて辛かった。
なぜか入社3ヶ月目で新卒採用の担当者になりまして。
最初の1年は知り合いの方がコンサルでお手伝いしてくれてたんです。

その頃は楽しかった。学生と話すこと、前に出て話すこと、学生の気づきや感動と共にいれること。
どれも私の中で最もやりがいのあったとき。

そして、社長と全く理解し合えず(私以外とも理解し合えていなかったけど)、毎日のように悔し涙を流して、サービス残業ばんばんで、終電で帰ることもたくさんありました。


でも、やっぱりやりがいがあった。


でも、やめました。
しかも急にね。1週間でやめることを決めました。


原因は体調が悪かったから。



なぜ体調が悪くなったかと言うと限界だったから



なぜ限界だったかと言うと、責任への重圧で



なんの重圧?



仕事と彼のことで



そう、私は彼のことがあったからもう限界で仕事をやめた。
つまり、仕事ではなく彼を取ったわけです。


でも、あの時の選択は間違えてはいなかった。
というか今までも仕事への選択は間違っていない。執着もしていないから、自分のダメージにもなっていない。


私、あの当時とっても辛かった。
天真爛漫でみんなの人気者。私といてもずっと笑わせてくれるあの彼が、どんどん荒んでいって、
人間こうも変わるかってくらい、ずっとメールはくるし、電話も仕事中だろうがしょっちゅうあった。
毎日不安だと言い、何で分かってくれないんだと怒鳴ったり。。。

私はそれに全力で応えていた。

むしろ、応えないと私が不安になった。


応えないと、彼は一人ぼっちになって、自分ではコントロール出来ないところまで行ってしまうと思った。
エヴァンゲリオンの「暴走」みたいな感じになるってイメージ。(そのくらい人間離れした感じになってた)



私は、彼の看病をするために会社を辞めた。
そうしないと、彼がだめになるのではなく、私がダメになるからだった。

覚悟=自分を信じること

先日の整体師さんの施術中にて


「―ちゃん、彼と本当に結婚したいですか?」



とついに聞かれてしまいました。


「あー、はい、そう思ってますよ。。。汗
な、なんでそんな事聞くんですか?(何回も結婚したいって言ってるのにな・・・)」



「なんとなくね。で、どうなの?結婚する覚悟はあるの?」



「・・・・う、う~んと・・・・・・・・・ありませんっ!」


「なんだ自分で自覚があったのか~!」



「はい、全然あります!」



ってことで、バレてしまいました。



そうです。
これだけここでも結婚結婚と言っていましたが、実は「本当にこの人で良いだろうか」って思うときもあるのでした。


でも、認めるのが怖かった。言葉にするのが怖かった。

こんな不安に思っているならやめたほうがいいのかな。別れた方がいいのかな。。。。

いや、でも私は絶対に結婚したいんだ!だから大丈夫!(なのになんでこんな不安になるんだろう)
って状態でした。

この、矛盾の原因は、整体師さんが「覚悟」と言葉にしてくれてやっとわかりました。


うん、この「覚悟」って言葉をきいてから、
私にはまだ覚悟が足りていないんだってわかってから、とってもスッキリしている。

そして、彼への愛が溢れんばかりに出てくる。


そうか、覚悟だ。私に足りないのは。


それで思い出した。
私は一度、彼との関係で「覚悟」したことがある。
そしたらプロポーズしてくれたんだよね。(どんな形であれね)
その時、覚悟負けしたって言われた。今思えば、その時の私の覚悟が伝わったんだなあ



なぜ覚悟をしたのかというと。
とっても辛かったから。今と同じようにこの人で良いのかなって何度も思っていた。

彼は毎日不安だと言っていた。その不安を私も受け止めるから、それをぶつけられたりしていた。


もちろん知り合いにも友達にも相談した。

そしてみんなして、別れた方がいい。と言っていた。

でも、私はなぜか別れることが出来なかった。

悩みきったあと、もう悩むのをやめたい、と思った。
時間がもったいない、そんな気がした。

だから、わたしは「別れない」という決断をした。これが私の覚悟だった。


別れないって思うのも結構勇気がいった。
別れないということは、彼の病気と付き合っていくことだったし、今辛いと思っていることも継続して辛いのだ。
そしてこれがいつまでかは分からない。


でも、それでもこれが私が決めた道だ、と思うことが出来た。

今は、返事がどうであれ今年まで、という期限付き。
そして、足りなかったのは覚悟だけで、私は強く彼と結婚したいと思っていることが今回でわかった。




覚悟とは、自分を信じることだなと改めて思う。

私がなぜ不安になっていたかと言うと、彼との生活を妄想するときに以前のままの二人が出てきたから。
つまり、過去にあったことを未来を妄想するときに使っていたわけで。

それを無意識にやっているから、脳は勘違いしちゃって過去=未来 それで生み出されていたのが不安。だった。


過去にあったことはもちろん変えられない。

でも、もう二人はあの頃の二人じゃない。現に、私が全然違う。相手がどうとかではなく。


たとえば、彼が前みたいに病気になったとしよう。
だからといって、前のような依存関係に戻らない。だって私が依存しないから。

病気を治すのは彼自身で、私が助けることが出来る領域ではない。
私に出来ることは、彼を信じ続けること、そして祈ること。

だから私の生活に支障が出たら彼がどんな状態でも正直に言うだろうし、彼が私以外の人に助けを求めたって嫉妬はしない。

彼の病気は彼が治す。だって彼一人で治すことが出来る。私はその手伝いを手が空いたときにするだけだ。


うん、何も問題ない。



そして、たとえば彼が怒ったとしよう。

以前なら泣いて、泣いている自分を慰めてもらいたいって思っていた。
でも今はなぜ怒っているのか、それが知りたい、と思う。

人間が怒るっていうのは、その先に理想があるから。その人の本来やりたいことが奥の奥に潜んでいるものだから。


それが知りたい。二人で知っていきたい。



だからどんなに喧嘩になっても何か気付きがあるはずだ。

それは、絶対に実りになる。信頼関係に繋がる。


今までだって、5時間6時間話し合うことがたくさんあった。
今ならもっと建設的に冷静に客観的に話し合うことが出来そう。



なんだ、大丈夫だ全然。
もし、彼と生活することになるなら。私はパートナーといい関係が築ける、という素晴らしい時間が待っているんだな。

だから覚悟した!ってことなのか分からないけど、もう不安なことはない。

自分を信じよう。今の私ならどんな状態にあっても自分の幸せを見失うことは絶対にない。
だから、大丈夫だよ。

自分のための自分による目標

6月末まで仕事を一日も休まない。

こう宣言したのは1月末。
そして、この目標を達成するまであと2週間となりました。ふっふー!


つまり今日入れてあと10日ということ。
カウントダウンが始まっています。



で、もうもう30日が楽しみなのです。
何と言うかもう・・・ニヤニヤがとまらないのです。

とっても幸せなのです。


だって、なんと彼が30日お祝いをしてくれる!!!
そして、それが江戸前寿司食べ放題な訳で・・・・!!!!!!


30日お祝いしてくれる。30日会えるってだけで・・・はぁもう幸せすぎる。

しかも回らないお寿司食べ放題に連れてってくれるなんて、本当に嬉しい。最高。神彼氏。




彼と会うのが決定する前、30日金曜日をどう過ごそうかもちろん考えていた。

「そりゃ、彼が祝ってくれたら嬉しいけど・・・」とは思っていた。
でも、私は自分からお祝いして!なんて言わずにいた。

今思えば何でだろう。前だったら確実に自分から何かしら言っていたかもしれない。
でも、今回は違った。

自分の力だけで本当に頑張って達成したことって、自分が自分にご褒美をあげるんだ!!
っていう感じがしっくりきていた。

30日会える?なんて聞いたら今頑張っている自分の中の何かが崩れそうだと思った。

他人にこの自分の頑張りを託してしまったら、そこに縋ってしまう自分が出てくる。
そんな感じかなあ。


これを頑張れば、絶対彼が褒めてくれる。
以前はそんなことばかり思っていた気がする。


自分が頑張っていることは、全て「彼のためだ」って本気で思ってやっていた。
その裏には、彼に認められないと不安、という感情が隠されていて、毎日不安でしょうがなかった。

そんな時に限って、彼は「そんなのやって当然だ」とか「なんでもっとこうしないの」とか言って全然褒めてくれなかったりする。
(そんな時に限って、という言い方をしたけどこういう時ってそうなるものです。宇宙の法則で。)


自分が頑張っていることの原動力は完全に彼だった。だから、うまくいかないことも彼のせいにした。
上手くいかなくて悩んでいる私を助けない彼をたくさん責めた。
上手くいっているとき、褒めてくれない彼を「ダメ彼氏、優しくない、厳しい」とかって思っていた。

こんなことが実際本当に起こっているのに、私はいい事をしていると思っていた。
彼のことだけを思って、彼のためだけに行動する、それが私の『いい彼女像』だったから。

こんなに尽くしている私って凄く健気。だから愛されて当然だ、ってね。




「6月末まで休まない」という今回の目標は、一点の曇りもなく自分のためだけの目標だ。
だから、30日お祝いしてって自然に言わなかった。
まあ、彼のことだし次ぎ会ったときにやってくれるだろう。7月くらいかな~とか思えている自分は凄く変わったと感じる。

少し疲れたら彼の声が聞きたくなって、自然と電話をしていた。
他愛もない会話をして、むしろ彼の話を聞いたりしていた。
この疲れを癒してくれない会話でも全然良かった。だって声が聞きたかっただけだから。


全部が全部、無理がない。全部、自分のためにやっていると不自由がない。
期待をする、という思考回路がない。だから裏切られることも傷付くこともない。


30日会えて嬉しい、というのも前とは違う感覚。

お祝いしてもらって当然、という意識が全くない。
ただただ嬉しい。彼が私の為に時間を作ってくれるのは、本当に嬉しい。

そして、目標を達成した私と、その目標を達成することがどれだけ辛いか理解してくれている人と共にその喜びを共有できるのが、本当に素晴らしいと思う。




この5年半、私たちはお互いの短所で傷つけあい、お互いの長所で癒しあってきた。
だからこそ、相手が自分の短所と向き合って挑戦するというのは、何を言わなくても感じるものがある。

だから彼も、本当に凄いね!ってたくさん言ってくれる。
この共有感は誰にも分からないだろう。だから私は彼が良いんだろうな。


別に理解しあえているわけではない。お互い言葉にすれば思っていたより理解できていないだろう。
理解、じゃない。共有だ。

よし、あと2週間踏ん張るぞ。



そしていい30日を迎えてお寿司でお腹いっぱいにするんだ。

全ての喜び楽しみは「苦」の上に成り立っている。②

話が逸れて、しかもそれが長くなってしまった。。。。

本題の全ての喜び楽しみは「苦」の上で成り立っている。って話ですが。


まあ、そんな夢ばっかり見るから辛いんですよね。かなり。

通勤途中も、あ~なんか辛いなあ~「待つ」ってなんかかなり辛い。年内までがリミットだけど、そしたら私2年も結婚を待っていることになるのか。というか仕事していないときも2年待ったから合計4年一人の男を待っているよ。
4年か・・・大学終わってんじゃんか・・・とぼんやり思ってて。

あれ、待つならこんな待ち方じゃダメじゃない?と思ったのです。

ここからも話は流そう。でも大事な流れのところ。



私は、今年までは彼のことを待つって決めたんです。
あと半年くらい。でも、この待つ時間も彼のための時間ではなくて、紛れもなく私の時間。
だから、辛い辛いといつまでもうじうじしていないで、私の時間をちゃんと生きなきゃ!って希望がみえました。

辛さの限界にきたのかな。辛い=悲しい っていうのに、もう飽き飽きしてしまったのかも。
いままでは辛いと悲しいって思っていた。でも、辛いからもういいや!ってなることもできるんだね。


で、この辛さの絶頂だなっていうのを経験していて、ふと思った。
私、このままいくと幸せな結婚しかないわ。って。

結婚するかしないかでこんなに涙流して、胸が痛んだ。数値で言ったらマイナスがもう増えに増えている状態。

この数値がプラスになるときが結婚できる時として、その差は普通に結婚する時とは圧倒的な差になる。
誰かと幸せを比べるって話じゃない。私の中での幸せが違う。


この幸せの差は私にしか感じられない。
辛い経験をしたもののみが与えられる感覚だ。
それが喜びともいうし、楽しいとか、幸せとかいう言い方をするのだろう。


私が今感じているこの辛さは、後に経験するとんでもない幸せの為にあるんだな、と思う。

そう思うと辛いのもなんかいっか。ってなる。
不思議と辛いって感覚も薄くなった。


全ての物事は苦の裏に楽や喜がある。

表が楽喜ではないのかもしれない。

本来は表が苦。この「苦」をどれだけ尊重できるかが人間としての成長につながる。

全部が全部、楽しいことばかりじゃない。だってその表には必ず苦があるから。


だからみんな辛いことでも頑張っているんだよね。

私も頑張ろう。  まずは今日という日の仕事を終わらせよう。(6/14 14:50)

全ての喜び楽しみは「苦」の上に成り立っている。①

仏道の教えの一つです。

今日、また一つ実感を伴って気づきました。



最近、彼が結婚しようと言ってくれる夢を週1くらいで見る。
なんていうか、多すぎる。もう3回はみた。

しかも、 あれ、これって昨日あったことだっけ って思うくらいリアルなのだ。

ああ、夢だったのか、と思った瞬間に絶望する。胸が苦しくなる。虚しくなる。

そんな朝を週に1回は迎えています。
(なのに、毎日仕事に行って偉いぞっ!)


今日もまたみて、「でも現実の彼はこんなこと言ってくれないだろうな」っていつも通り落胆して、こんな日くらいちょっとでもぐっすり寝よう。
と思って二度寝を試みる。。。

が、やっぱり絶望感が拭えなくて、う~ん、う~んと軽くうなされて、、、




アーもうやめやめ!ってなった。そしてすぐに起きて準備して、今に至る。

あの瞬間、何かがはじけた。

ああもう何て下らないんだろうと。
結婚しようなんて言いそうにない彼のことを考えてヤキモキしたって、彼の気持ちは彼だけのもので。
私が何をしたって、彼を操作することはできないわけで。

もうそんなの、この1年間で痛いほどわかって。
それでも、私がしっかりしていればこの二人は何とかなるんだ、と思ってプロポーズしたけどやっぱりダメで。
そんな状態なのに別れを選ばない自分にはなんだか納得できて。

私ってこんなんでいいのかな、って何回も考えた。
彼ってなんでああなんだろう、って何回も考えた。


でも、全てどうしようもなかった。
別れられないことも、結婚できないことも全て事実だった。
私がどんなに頑張っても曲げられない事実だった。


どんなに頑張っても変わらないものに対して、何で変わらないのよ!って怒ったって、なーんにも変化がしないんですよね。
むしろ自分が望んでたものとは逆になる。これが怖い。


それは、ノンカフェインのハーブティーに、何であなたカフェイン入っていないのよ!眠いんだから協力してよ!
って言っているようなもので。



ハーブティーの良さの一つって、カフェインが入っていないことですよね。(入っているのもあるけど)
それを私の勝手で「眠いんだから」という理由をつけて罵っているわけです。

そして、罵られたハーブティーも「私はカフェイン無しで今までやってきて、あなたもそれを知ってるはずなのに・・・ぐすん」
となるわけです。うん、なるんです。
そうするとハーブティーも反撃に来るわけですよね。「私のことを否定してきたから」という一般的な理由をもって。


ただ、私はハーブティーが好きで、だから協力してほしかっただけなのに、返ってきたのは応援じゃなかったわけです。むしろ逆。



これ、あまりにも身勝手にみえるけど、、、私は彼に対して同じようなことをしていた。

彼が結婚を選ばない理由は本当はなんとなく分かっていたのに、それに歩み寄るのは怖くて目を瞑っていた。

私がなぜ彼を選んでるのか、なんて考えずに出来ないこと・持っていないものばかりを責めていた。

結果、結婚は出来ていないけど彼には感謝している。こうやって色々なことに気付いているから。

②へ続く