LIVE FREE -執着しないこと-

2016年1月にプロポーズされ、6月に体調不良で休職し、同時に母親が2度目のガンで手術し入院。その前に婚約していた彼から距離を置こう、と言われた28歳女のブログです。

彼の優しさ

整体師さんに言われたあの言葉をよく思い出す。

―ちゃんは仕事や友達、家族にはマリア様が出来るけど、恋人にはそれが出来ないよね。
(マリア様とは、見返りを求めない愛を与えること)


その時は、恋人にそれが出来たら良いのに何で出来ないんだろう(イライラ・モヤモヤ)ってしていたけど、
今は、そうなんだよなあ。ここが私の弱点なんだよね~でも段々マリア様になってきている気がする(ワクワク)

と、思うようになってきた。


**************


今日の朝、最近彼がしてくれていることをなんとなく思い出した。


ここ最近、体調も気分も悪くて意味不明なラインを彼に送るけど、それにスタンプでいちいち応えてくれる。
(多分他の男の子は面倒だと思う。自己嫌悪フィーバーフー!とか意味不明だよね。でも負けないぞー!とかそういうのがただ来るだけだからね。)


そもそも、それも私の要望。

以前同じようなことを彼にやったら、それならこう考えたほうがいいんじゃない、みたいに熱く語られた。

その時に勇気を出して言った。
「私って辛すぎたり疲れすぎたりするとちょっとおかしくなりたいんだよね。それで発散するというか。だから意味不明な事言っても、無理に励ますとかしなくていい。
癒されるスタンプだけ送ってくれれば良いから。」
とかなりわがままな事を言った。


なぜかわがままかって、
「じゃあこう考えたほうが良いんじゃない?」って親身になってくれる人に、
「そういうんじゃなくてもっと適当でいい。だって真面目に答えられちゃうとテンション下がるから。」って言ったようなもので。

彼の反応は、「そうかなと思ったけど、なんかその時そうしちゃったんだよね」って感じだったけど。
(彼は人の気持ちを察することが大変上手だ。だからその辺楽なのかもなあ。)


私は今まで親身になってくれる人はありがたい存在、だから大事にしなきゃ、と無理やり思ってきたところがある。
本当の私はそれを望んでいないのに、親身になってくれている人とのやりとりを頑張らなきゃ、という一種の責任感を強く感じていた。


親身になってくれているんだから、本当はそういう事をしてほしいんじゃない。って言ったらダメだと思っていた。


でも、本当の自分を出してみたら、想像以上に彼は優しかった。
私の望んでいることを聞いてくれて理解してくれて、私のことを思って相手をしてくれている。
だってね、彼多分忙しいんだよ。

私の意味不明なラインなんて、超めんどくさいんだよ。
わたしだったらこんな内容結構な確立で無視だよ。


でも、どんな内容でも、どんなに毎日のように送っても、スタンプで返してくれる。
それが最高に愛だなって感じるんだ。

私って多分凄くめんどくさい人だと思う。構ってほしい欲が強いし、ある一定の愛を感じないと、あれ、嫌いになったのかな・・・なんて思うときもある。(いつもじゃないよ)


彼にももちろん感情の波はあるけど、ベースがとっても優しいんだ。
私はもっとその優しさに素直に甘えていいかな、と思ったらとっても穏やかな気持ちになれた。



その優しさを利用するんじゃない。頼るんじゃない。
優しい部分を尊敬して、素晴らしいねそんなところが大好きだよ、って声に出して言っていい気がする。

広告を非表示にする